投稿日:2023年1月14日

品質の高い金型製作に重要な基本工程3つ

こんにちは!茨城県日立市の事務所を拠点に、県内・全国の板金絞り・プレス絞り加工
などを手掛ける株式会社川崎精工です。
金型を製作したいものの、細かいことや作り方の流れ、品質を高める方法などについて気になるのではないでしょうか。
製作に関する細かい部分は把握しなくても問題ありませんが、品質については基本となるポイントを知っておくと良いでしょう。
今回は品質の高い金型製作に重要な基本工程をご紹介します。

顧客ニーズと問題点のヒアリング

胸に手を当てる男性
金型の製作では、はじめに打合せと見積もりを作成します。
打合せではご要望・用途・コスト・問題点などのヒアリング、仕様書や図面・画像データを提出する必要があるのです。
見積もりは打合せ内容をもとに、提出書類やデータを考慮して作成します。
品質・生産性・コストパフォーマンスを高め、依頼者のニーズを満たすには、この時点で入念な打合せが必要となります。
例えば、金型の構造や合わせ面の設定など、設計に重要な事項を決定していきます。

基本となる金型の前加工

金型を製造するために行うはじめの工程が前加工です。
高精度の金型を製造するには、前準備となる前加工が必要不可欠です。
前加工では金属の塊に穴をあけたり切り込みを入れたりして歪みを取り除き、不要な部分を削って仕上げ加工時の負担を軽減します。
前加工を終えると精密さを求めるため、この時点で熱処理を行った後、マシニング加工を行います。
マシニング加工は図面データから加工したデータに沿って金型の大枠を削り出す作業です。

細部・仕上げ加工と動作確認

マシニング加工後、放電加工によりエッジやネジ部を、ワイヤーカットによりピン穴など細部の複雑な加工を行います。
金型の形状が完成したら、顕微鏡を用いて手作業で表面を滑らかにして仕上げ、部品を組立てます。
磨き作業・組み立て作業は、ともに高度な技術力を求められる作業です。
組立後、各部位が設計通りに動作するか、成形できているか、繰り返し動作確認を行い問題なければ完成です。

川崎精工へご相談ください!

お問い合わせ
金型製作は多種多様な金属加工の実績と技術のある川崎精工へお任せください。
弊社は金型の設計・製作・組み立てを行う業者として実績とノウハウがあり、長年、高品質な金型をご提供してきました。
創業以来、豊富な技術と知識を積み重ね、ニーズに合った設備を整備することで幅広い用途の部品・製品に対応可能です。
製造業者様が抱える問題は、プレス絞り加工・板金絞りなどの最適な加工法を提案し柔軟に対応しています。
金型製作のご依頼は、弊社お問い合わせフォームまたはお電話へご連絡ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

株式会社川崎精工|茨城県日立市|プレス金型製造・プレス絞り加工
株式会社川崎精工
〒319-1231 茨城県日立市留町前川1187-2
TEL:0294-53-5803 FAX:0294-53-8198


関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社川崎精工では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサ …

型式(型ノ呼吸)参ノ型 順送型

型式(型ノ呼吸)参ノ型 順送型

順送型は量産向き型式です。キャリヤと言われる送り紐を付けて製品を数珠繋ぎに送り最後に製品を切り離す型 …

製品紹介

製品紹介

sus304 t0.2〜t1.0 順送型対応 …

お問い合わせ  会社概要