投稿日:2023年5月24日

精密金型設計を支える3D-CADの役割とは

こんにちは!
地元茨城県日立市にある事務所を拠点に、金型設計、製作、組み立てを行っている株式会社川﨑精工です。
弊社は、他の業者ではあまり対応していない絞り加工やプレス絞り加工、板金絞り加工などの加工方法を取り揃えております。
金型設計を行いときには3D-CADなどのさまざまな機械を使用しております。
今回は、あまり知られていないこの3D-CADの役割について説明しようと思いますので、ご興味のある方はぜひ一読くださいませ。

金型設計を支える3D-CADの役割

機械
3D-CADとは、3次元コンピュータ支援設計とも呼ばれおり、設計などを行う作図を自動化する技術のことです。
3D-CADを使用することで、建物や精密な部品の設計を立体的に作図でき、正確に図面を視覚化することができます。
この3D-CADが持つ設計時の役割を説明いたします。

図面の視覚化する

図面は平面になるため、イメージしづらいこともあります。
もっと具体的にイメージしやすいように、3D-CADで図面を視覚化することで部品の完成形を確認してもらえます。

問題の早期発見

図面のままだと気づけない、問題を3D-CADを用いることで設計時に早期発見することが可能です。
設計時点で問題を早期発見することで、スムーズに金型製造工程に入ることが期待できます。

設計時間の短縮化

3D-CADを使用する前は、2D-CADを使用しておりました。
2D-CADは平面図・断面図・立面図を、1つの視点から見た構成で平面上に書く必要がありました。
また書かれた構成以外の視点で見たい場合は、別の図面を描く必要があります。
そのため、図面だけでも手作業でいくつも書く必要があり、かなりの作業時間が必要でした。
3D-CADを使用すると、コンピューター上で立体形状で作図できるため、設計図作成時間を大幅に短縮することが可能になります。

最短時間で高クオリティな金型を


弊社では、高クオリティな金型を納期内に設計・製作することをお客様にお約束しております。
迅速かつ丁寧な作業を行うために、さまざまなツールを使用し作業効率改善につなげております。
金型設計、製作の業者をお探しでしたら、ぜひ川﨑精工にご相談くださいませ。
お客様のご相談内容に対して、最善の内容でご提案させていただきます。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。

株式会社川崎精工|茨城県日立市|プレス金型製造・プレス絞り加工
株式会社川崎精工
〒319-1231 茨城県日立市留町前川1187-2
TEL:0294-53-5803 FAX:0294-53-8198


関連記事

信頼できる金型製造業者です!

信頼できる金型製造業者です!

「プレス絞り加工が好評な業者を探している」 「気軽に頼める業者に金型製作をお願いしたい」 弊社であれ …

型式(型ノ呼吸)肆ノ型 ロボット型

型式(型ノ呼吸)肆ノ型 ロボット型

ロボット型は簡単に説明しますと、プレス機一台に単発型を並べてロボットアームがワンショット毎に製品を吸 …

保有設備

保有設備

お問い合わせ  会社概要