投稿日:2024年1月20日

板金絞りやプレス絞り加工に必須?しごき加工とは

こんにちは!株式会社川崎精工です。
弊社は茨城県日立市に拠点を構え、茨城県内やその他の地域で精密金型設計・製作・組み立てや、板金絞り・プレス絞り加工を承っている業者です。
板金絞りやプレス絞り加工を行う際に、しごき加工と呼ばれる加工を行うことがあります。
今回は、しごき加工という工程について、その意味や方法についてご紹介します。

絞り加工を繰り返すとリング状のくびれができる

虫眼鏡を持つビジネスマン
板金絞りやプレス絞りを含む絞り加工とは、板金を円筒状や円錐状などの形状に加工する方法です。
絞り加工には、深絞り加工と呼ばれる、製品の直径よりも深く加工する方法があります。
絞り加工では、一度の絞り加工で加工できる深さが金属や製品ごとに違っており、一度の絞り加工では深絞り加工の製品を形成できません。
そのため、深絞り加工では複数回絞り加工を繰り返します。
絞り加工を繰り返すことで、製品にリング状のくびれができることがあり、このくびれを「リングマーク」と呼びます。
リングマークは、見た目が悪くなるだけでなく、製品の寸法精度や機能性にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

しごき加工とは

しごき加工とは、絞り加工の後に行う仕上げ工程の一つです。
しごき加工とは、板金の厚みばらつきを解消するために、板金を均一な厚みにすることです。
しごき加工を行うことで、リングマークや凹凸を除去し、板金の表面を滑らかにします。
そのため、凹凸がある製品にしごき加工を行わないと、品質やコストに大きな影響が出る可能性があります。
例えば、厚みにばらつきがあると、製品の寸法精度や機能性が低下したり、耐久試験で破損したりしてしまう可能性があるのです。
これらの問題を防ぐためにも、しごき加工は欠かせません。

2通りの方法がある

しごき加工には2通りの方法があります。
1つ目は絞り加工のあとに単独でしごき加工を実施する方法です。
2つ目は、絞り加工を行う際に実施する方法です。

板金絞りやプレス絞り加工は弊社へご相談を

電話機
弊社は、プレス絞り加工を得意としています。
精密プレス絞り加工や3D絞り加工などといった加工法も行っており、製品・部品の生産を支えるプロフェッショナルとして長年活躍してまいりました。
いかなるご依頼においても納期厳守で高品質な金型をご提供します。
茨城県内だけでなく、その他地域でも対応可能です。
深絞り加工業者や金型製造業者をお探しの際は、ぜひ弊社へお問い合わせください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

株式会社川崎精工|茨城県日立市|プレス金型製造・プレス絞り加工
株式会社川崎精工
〒319-1231 茨城県日立市留町前川1187-2
TEL:0294-53-5803 FAX:0294-53-8198


関連記事

型式(型ノ呼吸)壱ノ型 仮型

型式(型ノ呼吸)壱ノ型 仮型

仮型は特に試作型に用いられ、低コスト、低予算、少ロット、納期短縮に有効な型式です。 …

「絞り加工」についてご紹介

「絞り加工」についてご紹介

茨城県日立市に拠点を構える「株式会社川崎精工」は、精密金型の設計・製作・組み立てを手がけています。 …

保有設備

保有設備

お問い合わせ  会社概要