投稿日:2022年6月9日

金型製作の流れとは?どのようにして行われるの

こんにちは!茨城県日立市に拠点を構え、県内各地で金型の設計・製作・組み立てをメインに行っている株式会社川崎精工と申します。
板金絞りやプレス絞り加工をはじめさまざまな絞り加工に対応している会社です。
金型製作の流れを知りたいといった、お客様からの声をよく聞きます。
そこで今回は、「金型製作の流れとは?どのようにして行われるの」をテーマにご紹介いたします。
金型が製作される現場の様子について興味のある方は、ぜひご覧ください。

設計

打ち合わせを行っている様子
金型の設計を行います。
金型を製作するにはまず、金型の強度や必要となる素材に関するシミュレーションを行わなければなりません。
そもそも自社で対応できる金型なのかについても、早めに把握しておく必要があります。
そのため、実際の工程に入る前の準備は必須です。
他にも、金型の製作にかかわるプログラムなどを作成し、万全の状態で金型の製作に挑みます。

金型の加工

金型の加工を行います。
金型にはさまざまな種類が存在し、加工方法も多彩です。
金型の加工に使われる工具や機器も加工方法によって異なるため、金型に関する確かな知識と技術が求められます。
完成までの流れも加工方法によって違ってきますので、詳しくは株式会社川崎精工にお問い合わせください。
スタッフが丁寧に対応します。

金型の組み立て

無事に金型の部品が完成したら、金型の仕上げおよび組み立てを行います。
金型の部品に問題があった場合には、この段階で手直しを行うのが一般的です。
もちろん製作の段階で問題に気付き、素早く手直しを行う場合もあります。
最後に動作の確認を行い、問題がなければ納品です。
なお、金型製作の流れは金型の種類や加工方法によって異なる場合があります。
詳しくは株式会社川崎精工まで、お気軽にご相談ください。

新規お取引先を募集しています

見積書と電卓
株式会社川崎精工では、新規お取引先を募集しています。
金型の設計・製作・組み立てを依頼する際は、ぜひ株式会社川崎精工への依頼をご検討ください。
弊社が何よりも大切にしているのは、高品質な金型の実現です。
どんなに素早く金型を製作できても、品質の低いものでは意味がありません。
金型は精密機器や自動車が製作される際に、重要な役割に担う存在です。
金型が不良品だった場合、ときに大きな事故に発展する可能性も考えられるでしょう。
そのため、金型には品質の良さが求められます。
万が一の事故を防ぐためにも、金型の製作のことなら株式会社川崎精工にお任せください。
ご相談・ご依頼につきましては、お電話またはお問い合わせフォームから対応しております。
ぜひ、お気軽にご連絡くださいませ。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社川崎精工|茨城県日立市|プレス金型製造・プレス絞り加工
株式会社川崎精工
〒319-1231 茨城県日立市留町前川1187-2
TEL:0294-53-5803 FAX:0294-53-8198


関連記事

保有設備

保有設備

型式(型ノ呼吸)伍ノ型 トランスファー型

型式(型ノ呼吸)伍ノ型 トランスファー型

トランスファー型は深絞り、量産向き型式です。プレス機にダイクッションが各工程にセットされておりクッシ …

保有設備

保有設備

お問い合わせ  会社概要